教育学習情報交換サービス「SCRM4U」

SCRM4Uとは

学生と大学とのコミュニケーションシステム「SCRM4U」は、
大学に関わるさまざまな人を対象に、組織と人の関係を強化し、そこに価値あるサービスを提供するシステムです。
教育学習情報交換サービス「SCRM4U」01

サービスの特徴

【1】各種届の提出がWeb上から申請可能

大学内で扱う様々な届(例:住所変更届、評価報告届など)が、Web上より申請できるようになります。
事務局の作業は大幅に軽減され、また届け出は速やかに処理されます。
各種情報は「届」により管理され記録されることにより、確実に届出管理ができます。
届出内容のチェック、及び申請状況の確認も、システムで一括管理され、窓口の業務効率UPにつながります。

【2】必要な時にどこからでも各種情報の確認が可能

休日や夜間など、緊急の場合に、学外から、必要な情報(例:学生の個人情報、成績入力など)を確認できます。(権限を設定した人に限ります)
利用者の都合に応じて、可能な時間帯と可能な場所から、各種届を提出できるようになります。

【3】高信頼なシステム環境

各種情報は国際基準に適合したセキュリティマネジメントシステムの認証を得た、堅牢で厳格なセキュリティ管理を行うiDC(データセンター)で管理しています。

実現例

SCRM4U/CP

■学生向け機能
・本人情報の参照、保証人情報の参照
・本人情報の変更申請、保証人情報の変更申請
・変更申請内容の検索・一覧
・本人情報の変更申請内容の参照/修正
・保証人情報の変更申請内容の参照/修正
■職員向け機能
・学生の検索・一覧
・本人情報の参照、保証人情報の参照
・変更申請の検索・一覧
・本人情報の変更申請内容の参照/修正
・保証人情報の変更申請内容の参照/修正
教育学習情報交換サービス「SCRM4U」02
SCRM4U/CP本人情報の変更申請画面

SCRM4U/EM

■教員向け機能
・開講の検索・一覧
・履修評価の参照(開講別)
・履修評価報告届の作成・編集
・変更申請内容の検索・一覧
・履修評価報告届の参照
・履修評価報告の入力履歴参照
■職員向け機能
・開講の検索・一覧
・学生の検索一覧
・履修評価の参照(開講別/学生別)
・変更申請内容の検索・一覧
・履修評価報告届の参照
・履修評価報告の入力履歴参照
教育学習情報交換サービス「SCRM4U」03
SCRM4U/EM評価報告作成・編集画面

システムの考え方

実務上の「届」のメリット

1.いつ、誰が、どのような届を提出し、どのように扱われたかを瞬時に確認することが可能です。
2.システムが自動処理する場合の履歴、証拠、現状の説明として記録されます。
3.各種『届』の管理方法の一本化、効率化また、統計処理が可能になります。
4.自らの『届』をユーザ自身が確認し把握することが可能になります。
5.届』の概念自体は、「住所変更届」「評価報告用紙」「評価変更用紙」など すでに業務概念で使用しており、理解しやすい考え方でスムーズにシステム導入することが可能となります。