おうち時間の過ごしかた

イメージイラスト

新年あけましておめでとうございます。
感染症の影響で生活が一変した2020年が終わりました。
年女で本厄の1年でしたが、個人的には大きな病気や怪我もなく過ごせたので一安心しています。(怒涛の厄年ラッシュも残すところあと1年!)
とはいえ生活自体はガラリと変化し、大好きな外食も控えめになり、旅行は全く行けず、家に籠りがちな1年となりました。
おうち時間、皆さんはどう過ごされていますでしょうか?

 

私はもともと外に出るのも好きですが、家の時間も大好きなので、家に籠もること自体はそこまで苦ではないので割と普段どおりに過ごしていましたが、外食のかわりに自炊にちょっと豪華な食材を使ってみたり、気に入った茶器やコーヒー器具を揃えてみたり、前々から迷っていた家電を購入してお家時間を快適に過ごす環境づくりをしました。

 

その中でも大活躍してくれているのがコーヒー器具です。
どちらかというと紅茶派なのですが、ふとコーヒー豆を買って家で挽きたてコーヒー淹れて飲みながら映画でもみたいなぁと思いたち色々集めてみました。
形から入るタイプなので、小洒落たコーヒー器具を探し、コーヒーを淹れるためのハンドミル、ドリッパー、ドリップカップに始まり、保存に使うキャニスター、更にはコースターやマグカップまで気に入ったものを探しては買い、コーヒーライフを楽しんでいます。

 

肝心のコーヒーは、豆自体もたくさん種類があるのに加えて、焙煎具合、挽目、お湯の温度から淹れ方まで無数のパターンがあり、超初心者の私でも味の違いがわかるほどですが、中でも同じ豆でも淹れ方で全然味が違うことに驚いています。

 

はじめは見よう見まねで適当に淹れていて、なんだか飲みにくい味のコーヒーが出来上がっていたのですが、自分の好みに合った豆や淹れ方を調べて、だんだん美味しい!と思えるようになってきました。
まだ全然思ったような味にコントロールすることはできませんが、やはり美味しく淹れられたときは楽しいもので、むしろ飲むことよりも淹れることの方にすっかりハマってしまいました。ただ、カフェインのとりすぎも良くないので、少しずつしか淹れられないですが、コーヒータイムが毎日の楽しみになっています。

 

おうち時間を快適にするために買ったものが他にも色々あり(最近のベストバイはサーキュレーター!空気の循環で部屋が足元までぬくぬくです)、居心地の良い部屋になりつつありますが、一日も早く何も気にせず友人とわいわいご飯を食べたり、いろいろな場所に旅行したりする日々になってほしいものですね。